魂をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

たましいを秤るや黴の花の中  朱鳥

虚子に「曩に茅舎を失ひ今は朱鳥を得た」と賞賛された朱鳥は、中学時代に胸を病んで以来、生涯病弱だった。昭和二十七年には「菜殻火」を創刊して、生命風詠をめざした。そんな朱鳥だから、句集「愁絶」に見られる“つひに吾れも枯野のとほき樹となるか”など死や魂を意識した句を残した。掲句も魂を強く意識して、魂の重さを神の秤に委ねた。黴の花の中と表したのは、腐敗した濁世を比喩しているのだろう。この句は、野見山朱鳥の句集から引いた。

栃木にいろいろ雨のたましいもいたり  完市

栃木は嘗て足利氏の発祥の地であり、足利市には藤本観音山古墳を始め、確認されているだけでも159基に及び、古代から聖地として考えられていた。更に、男体山は山嶽信仰の対象として神仏習合の霊場のして栄え、その後徳川秀忠により、日光東照宮が家康の霊廟として建立されたことにより、確固たる聖地となった。この句は、そんな栃木の歴史的背景を踏まえて、魂は万物に宿るとされていることから、しとしと降る雨にそれを感じたのだろう。
この句、阿部完市の句集「荷物は絵馬」より、引いた。また、完市は日野草城などにも俳句を学んでいた。

穴だらけの魂充たす青葉風  泰子

広辞苑によれば、「動物の肉体に宿って心のはたらきをつかさどると考えられるもの古来多く肉体を離れても存在するものとした」と書かれている。したがって、魂が穴だらけになることだって、決して不思議ではない。魂に穴を開けたのは、身近な人の死であったり、若き日の失恋や信頼していたものの崩壊による落胆だったとも、想像出来る。こんな傷ついた魂は、青葉風ならきっと埋められるだろう。
この句は「青玄合同句集11」から引いた、青玄無鑑査同人川村泰子の句。

 

地球をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

マリが住む地球に原爆などあるな 白泉

白泉は西東三鬼ら親しく付き合い「京大俳句」に会員に推された。だが、昭和十五年に当時の治安維持法にひっかけられ、平畑静塔以下主要会員の一次検挙に続いて白泉も第二次検挙された。当時の句に「三宅坂黄套わが背より降車」(黄套は将校のカーキ色の外套)、「戦争が廊下の奥にたつてゐた」などがある。そんな戦争への陰湿な思いを払拭したい思いで、この句は作られたのだろう。句は“わが敬愛する人の長女十二歳誕生日”と前書きをつけた三句の中の一句。決してこの地球に原爆などと言う破壊兵器は存在してはならないと、訴えている。この句は、渡辺白泉の句集「夜の風鈴」より引いた。

寝転べば地球の吐息 草いきれ まゆみ

草いきれは夏草がむせるような匂いと湿気を発することを言うが、作例は江戸時代にいくつかあるが、歳時記には挙げられていない。子規の『「分類俳句全集』に草いきりの項に「草いきれ人死をると札の立て」(蕪村)ほか五句挙げられている。この季題の本意は、蕪村の句によって定まって、近代多用されるようになった。さて、この句は草叢に寝そべって、むせ返るような夏草の生命力を地球の吐息と感じ取った。草いきれは草の息ともいう。人が生きているという実感を強く意識させる句。この句は「青玄合同句集11」より引いた、高石まゆみの句。

地球儀ひとまわし パスタを茹でている  節子

地球儀は大航海時代に1606年ブラウ(オランダ製)など他、多く作られるようになったが、その頃は日本は地球儀上には当然存在していなかった。宣教師が盛んに訪れるようになり、16世紀末にほぼ現在の位置に書かれた。現在販売されている地球儀は多くは五万分の一である。とすれば富士山はたった0.06ミリ、成層圏までの距離は0.2~1ミリということになることを思えば面白い。さて、節子は地球儀をひと回しして、止まった所がイタリアだったのだろうか?そうだ、今日のメニューはパスタにしよう。そんな風に想像したら、面白い。ちょっとオシャレな句だ。この句は「青玄合同句集11」より引いた、高田節子の句。

 

闇をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

花火待つ花火の闇に脚突き挿し  鷹女

鷹女は闇を粘性のある液体のように捉え、脚を突き挿すという感覚で表現したのであろう。また闇の中でも、花火を待つ闇はことさら、美しくそしてやがて崩れる儚いものが感じられる。だからこそ、その闇を強調するため敢えて、花火という言葉を重ねている。第一句集「ひまわり」に見られる“夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり〟の句のような女性意識の強い、ひらき直りの句から一転して、この句は、鷹女六十歳頃の作品なので、たぶんその闇の中に、死後の世界をも意識していたのかも知れない。この句は、三橋鷹女の句集「羊歯地獄」(1961年刊)より引いた。

2l(リットル)ほど 暗紫色の 夜を下さい  恭子

恭子は闇を色とその量にこだわった。2リットルの夜とは、どれほどの深さの闇だろう。たとえば、2リットルだからペットボトル一本分の暗紫色の液体を水槽に流し入れた時のゆっくりと広がる暗紫を創造すればよいのかも知れない。それは広がり行く速度といい、その色合いといい、とても美しい。その闇は、心の中に棲みついた悲しみを消す薬だと解釈することが出来る。この句は、松本恭子の句集「夜の鹿」から引いた。この句集には“ふたつの鎖骨そこから椿の木になりて”など、独特の感覚的な句が沢山ある。松本恭子は青玄無鑑査同人、吟遊の同人である.

梅雨茸の闇に笑える鬼瓦  峻

梅雨になると、切り株や地面に忽然と、うらむらさき、さくらたけが生えているが一部を除いて食用にならないものが多い。その色は毒々しく、ぬめっとしていて気味悪い。そんな梅雨茸の闇は、じめじめした湿気を帯び、まるで呪術にかけられたような、気分にさせられる。一方、鬼瓦は南北朝の政変戦乱の世から、建物の守護の目的に作られたものだったのだから、邪気に臆せず梅雨茸に笑いかけている姿と詠めば重苦しい。梅雨茸を笑い茸と見立てれば、ちょっと愉快な俳諧味のある句と詠める。余談であるが、現存する鬼瓦の最古のものは、貞治二年(1363年)の大和長弓寺本堂のものである。この句は、佐々木峻の句集「まどひ」(1998年刊)より引いた。

 

母をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

母や碧揚羽を避くるまでに老い  耕衣

耕衣には父や母ばかりを詠んだ句集「梅華」がある。それほど、父母に対して絶えず優しく視線を送っていたのであろう。「朝顔や百たび訪はば母死なむ」に代表されるように、母を詠んだものに佳句が多い。さて、この句は碧揚げ羽を象徴的に捉え、老母と対比させている。碧揚げ羽を華麗ゆえの、滅びるゆく哀れさがある物のシンボルとしたのか、あるいは、優美に飛ぶ姿を見て、黄泉の国に誘う使者として、描き出したのかもしれない。老いることは美醜や死の恐怖から逃れられない。自らは九十七歳まで元気で生き通した。禅にも興味をもっていた耕衣らしい、句と言えよう。この句は、句集「驢鳴集」(昭和27年刊)より引いた、永田耕衣の句。

つばくらめ 野良にいそしむ母にくる  一男

つばくらめは、勿論つばめのこと。つばめは極めて人間の身近にいる鳥のひとつであるが、その生態も人間に近い。人家の軒先に作る椀形の巣は、かって農村などでは赤ん坊を藁のお櫃状の中に入れて育てた事に似ている。また、そのペアリングも他の鳥のように、生死を賭けて争ったりしない。その子育ての様子や巣を大切にし、次の年も同じ巣に戻るという、極めて人間的なことから親しみを覚え、燕は大切にされている。この句も、そうした田畑を守り、子どもを育ててゆく母の姿を、つばめとオーバーラップさせて描いている。この句は、「青玄合同句集11」より引いた、青玄無鑑査同人、市橋一男の句。また氏は、1984年「青玄賞」を受賞している。

母に繋がる細管あまた 青嵐  昭一

細管とは、なんだろう。細管=血管、更に言えば遺伝子細胞と考えたい。子は親と肉体上の背が低いだの、目が細いなどの他、情緒的な内面までも、遺伝子で繋がっている。胎児して母体の中で臍の緒で繋がり、生まれ出て、真っ先に親として認識する、母親にそれを強く感じる。青嵐という季語を据えたことで、母への想いの強さと青春性の高い、清々しい句になっている。三好達治の詩の一節に「時はたそがれ/母や 私の乳母車を押せ/泣きぬれる夕日にむかって/りんりんと私の乳母車を押せ/(中略)母よ 私は知ってゐる この道は遠く遠くはてしない道」(乳母車より)達治もまた、母と強く繋がっていた。 この句は、「青玄合同句集11」から引いた、青玄無鑑査同人、橋本昭一の句。

 

水をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

愛されずして沖遠く泳ぐなり  湘子

時代は移り変われど、初恋の頃の、あの高揚して胸がドキドキする感覚は変わらないと思う。最初は先生だったりするのだが、にきびも出始めた頃には、異性の特定の人を想い慕い、現実的な恋に落ちる。この句の場合は、愛されずしてと書き出しているのだから、きっと意中の人に告白して恋に破れたのは、それともまだ打ち明けずいるのだろうか。いずれにしても、沖遠く泳ぐという後段の表現が、少年の孤独感を鮮明に捉えている。永田和宏の“あの胸が岬のように遠かった。畜生!いつまでおれの少年〟という好きな短歌があるが、同様の気持ちを表している。この句は20代の頃の藤田湘子の作品を集めた句集「途上」から引いた。

人去ってからの水音 花菖蒲  桑田和子

人間の感じる音の範囲は、動物などの比して極めて狭く、下限は16~20ヘルツ上限は16~20キロヘルツだと言われている。(ヘルツは一秒間の振動数)その音も、空気の密度や温度など状況によって、微妙に感じ方が違ってくる。作者は、いままで人声によって掻き消されていた水音を、無人になった事により独り占めして、耳を傾けている。その眼前には花菖蒲。聴覚から視覚へと転じる詩的な視点が、ズームアップして見え、この花菖蒲の鮮やかな色さえ感じられる。この句は、「青玄俳句現代派秀句」より引いた。

青梅雨のビニール袋ぶるぶるん  良治

梅雨は揚子江流域とわが国独特のものらしい。その梅雨という言葉は、梅の実が黄熟する頃に降る雨だから、こう言われるだが、実は俳句では明治以後から使われるようになった。それ以前の作例はいずれも、「梅の雨」という表現している。青梅雨は、もちろん青葉の頃の雨という言葉の中に、色合いも含めて季語として定着したのであろう。掲句は、その美しい青梅雨という言葉に、ビニール袋という日常的、現代的な言葉を取り合わせた。ぶるぶるんという擬音が、梅雨と響きあって愉快な雰囲気を醸し出している。この句は、坪内稔典氏が笑える句集と表した「ぷらんくとん」から引いた寺田良治氏の句。