時間をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

はるかまで旅してゐたり昼寝覚  澄雄

夏はその暑さの故、身体が疲れてだるくなり、ごろんと昼寝して体力の回復に努める。しかし、澄雄は現実とはかけ離れた世界を詩的に読み込んでいる。はるかまで旅していたと書いているが、たぶん芭蕉に傾倒して澄雄のことだから、時空を越えて奥の細道を一緒に旅していたのだろう。澄雄は時間に、こだわりを持ち、こう述べている。「現代俳句は、現実の風景や、そのときの時間、哀しみだけに密着している。それが俳句の呼吸を浅くしているのではなかろうか。その点、僕は、風景を描きながら風景を包む空間の広さ、あるいは時間の過去も未来もその一句の中にとどまっている、というような呼吸の深さを、現代俳句に復活してみたいと願っている。

今日からはからくり時計も 夏時間  中ヤスヱ

からくり時計といえば、貴族が愛用した卓上型と屋外に設置された大掛かりなものとがある。屋外型のものでは、倉敷市のアンデルセン広場のものは、童話の登場人物が音楽を演奏する。、松山市道後温泉のものは、ぼっちゃんの登場人物が時刻になると出てくるなどは、とりわけ秀逸で楽しい。この句のからくり時計は、サマータイムに海外旅行で出会った広場のもののようだ。「今日」「からくり」「夏時間」という言葉の重層させて、明るい風景が描き出している。この句は青玄無鑑査同人、中ヤスヱの「青玄合同句集11」より引いた。氏は1985年青玄新人賞。1988年青玄賞を受賞している。

眠りなさい 夜光時計とネオンテトラ  和子

一時、熱帯魚をたくさん飼っていたことがある。エンジェルフィッシュやネオンテトラ、グッピィは、特に人気が高かった。ネオンテトラは混泳も可能だし、比較的飼育しやすく、メタリックに輝く、その姿は幻想的である。眠りなさいという、口語表現の語りかけが、規則正しく時を刻む時計とネオンテトラに向けられたことで、一層詩的に昇華させている。ネオンテトラの寿命がたった一年」であることを思うと、作者の想いが深く投影されている。この句は「青玄合同句集11」の諏佐和子の句より引いた。

 

無季をテーマにした俳句・その2(厳選三句)

sanku

沖に/父あり/日に一度/沖に日は落ち  重信

この句は、九州の天草を詠んだいる。茫漠と広がる海を見て、その沖に父の姿を据え、更に天草の沖を真っ赤に染める落日を重ねている。それは、天草の西南に日本人の祖先が渡って来たであろう地を思い描いている。同様の趣旨の句に「沖に/喚ぶ神あり/卑弥呼/病めりけり」がある。「俳句を選択した動機の中に含まれている半ば無意識に似た敗北主義こそ、逆にさかのぼって俳句の性格を決定する重要な要素」(「バベルの塔」1974刊)と提言する重信の基本的な俳句観。この句は、高柳重信の「山海集」(1976年刊)より引いた。

落書きの鳥四本足 飛行雲  幸子

最近の新聞紙上を賑わせている、原爆ドーム周辺の壁や電車にペイントで書かれた大掛かりで悪質な落書きではなく、子供の他愛無い落書きだろう。字空けを施して、季語ではないが飛行雲という言葉を配すると、もっと幻想的な太古の人たちの落書きを想像してしまう。フランスにあるラスコー洞窟に描かれた鳥人間や棒の上の鳥の絵を思い浮かべたら、どうだろう。一万6千万年前までタイムスリップして、心うきうきしてくるではないか。この句は、青玄無監査同人、平井幸子氏の「青玄合同句集11」に掲載された句より引いた。1983年に青玄賞を受賞している。

にんべんの文字が好き 人はもっと好き  恭子

人という字は、人が立っている姿を横から見た形を表した字であるが、改めて人偏の字を調べてみると、その成り立ちは実に上手く出来ていて、面白い。たとえば、「化」という字は人という字と人をひっくり返した形を合わせて、立っている人がたおれて、姿を変える様子を表しているという。作者は、そんな人偏の字が人間くさい思考から作られているのを、面白がっているのだろうか。さらに、人はもっと好きだと断定している所に、作者の人となりが、見え、まさに人間賛歌の俳句といえるだろう。この句は、「青玄合同句集10」より引いた青玄同人、児玉恭子氏の句。

 

無季をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

不眠症魚は遠い海にゐる  三鬼

眠れない夜は、いつの頃からか羊を数えたら眠れると聞かされた。これは日本人には縁の無い、まじないと知った。英語で羊が「sheep」眠りは「sleep」とを掛けた、単なる語呂合わせの産物だった。三鬼はこんな俗な風習はとは関わり無く、独自の感覚で不眠を捉えた。眠ろうと悶々とする寝床に茫洋とした海が広がる。その海は魚一匹見つからない死海。なおも暗闘して、彷徨い泳ぎ、眠り(魚)を追い求める。魚は遠ざかるばかりである。無季であるがその感覚が、季語という助けを借りずとも力強く、表現されている。この句は、新興俳句のモダニストであり、その旗手であった、西東三鬼の句集「旗」より引いた。

ライオンの どこかさみしい絵本買う  敏樹

狩ることも、草原を吹かれながら、駆ることも無くなった動物園のライオンは、一見平和そうで、怠惰をむさぼっているように見える。だが、その眼はもう既に淋しさを湛え、体中に満ち溢れさせている。その檻から一生出ることの無いライオンの悲しみは、如何ばかりであろう。掲句は、そんな風情を詠んだものかどうかは、解からないが、「ライオンの」の後、字空けを設けて「絵本買う」という言葉まで、一気に読ませる手法を用いている。その表現により、「さびしい」という言葉が絵本にも掛かっていて、絵本の中のライオンの颯爽としている姿を、思い起こして淋しく、悲しい。この句は青玄無鑑査同人で、1983年「青玄評論賞」を受賞した、中田敏樹氏の「青玄合同句集10」に掲載されたものより引いた。

紙飛行機不時着 何も決まらぬ日  敦代

少年だった頃、ノートを破ったり、何かの広告の紙を素材にして紙飛行機を作った。その形もツバメ型、戦闘機型、烏賊型とそれぞれの個性を競い合った。いざ飛ばすと、いきなり地面にどたっと落下したり、風に乗って予想もしないぐらい飛んだりした。最近は、紙飛行機と言えば、厚紙(ケント紙)を切り抜いた紙グライダーをそう呼ぶらしいが、この句の場合は、昔ながらの折り紙の紙飛行機だと思う。紙飛行機を手から離す時、その日の自分の気持ちを翼に乗せている。いきなり失速して訳ではないが、想像外の所に不時着。こうしようと思ってもそうならない、不安や苛立ちを上手く表現した現代的な無季句。この句は、1995年「青玄新人賞」を受賞した、上森敦代氏の作品集より引いた。

 

猫をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

百代の過客しんがりに猫の子も  楸邨

書き出しの百代の過客は、松尾芭蕉の奥の細道の「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」の冒頭文を引用している。楸邨自身も芭蕉以来の道統の継承者として、たびたび奥の細道を旅している。さて、百代の過客とは李白の「春夜桃李ノ園ニ宴スルノ序」に「夫レ天地ハ万物ノ逆旅、光陰ハ百代ノ過客ナリ」の一節に拠るものと言われているが、その意味合いは、永遠の旅人と解釈できるだろう。その時の移り変わりの中の道程のしんがりに、身近な動物の中で干支にも洩れた猫を配した所に、哲学が見て取れる。人間探求派にして、愛猫家のらしい一面。この句は、加藤楸邨の句集「雪起し」より引いた。

抛らばすぐに器となる猫大切に  幸彦

猫は何かに化けるとか、一方では霊的な存在として神として崇められる。エジプトではピラミッドのレリーフは言うに及ばず、猫の頭部を持つ、愛と歓喜と音楽を司るとされる女神「バスト」が作られ、猫を神格化している。幸彦はそんな猫の神秘的部分に惹かれて、この句を成したのだろう。確かに、猫はじっと寝ている姿見ていると、そのまま器になってしまうかもしれない。そこに「抛る」という、乱暴な行為と相反する、「大切に」という情緒的な言葉をつけたことにより、猫の存在を魅力的にした。この句は、摂津幸彦氏の句集「与野情話」(1977年刊)より引いた。

花の下 猫のあくびにつられている  美智子

この句を詠んだ時、漱石の「永き日や欠伸うつして別れ行く」の句を思い出した。これは人間同士の関係。しかし、掲句は人間と猫との関係である。猫の仕草を見ていると、ついつい引き込まれて、猫嫌いな人には解からないかも知れないが赤ちゃん言葉などで話し掛けてしまう。花の下での猫と作者とのほのぼのした交流。それが欠伸をしている姿であっても、春ののんびりした風景を際立たせて絵になる風情である。この句は青玄同人西田美智子氏の句集「猫ねこネコ」(1996年刊)より引いた。

 

種をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

ものの種にぎればいのちひしめけり  草城

句集「花氷」(昭和2年刊)より掲出した日野草城氏の句。物の種は花の種に限らず、春に蒔く野菜や穀物の種を総称していう。種を蒔きやがて芽吹いて、開花、収穫の喜びを得る。太古の住居跡から貝殻などに混じって炭化した赤米が出てくることがよくあるが、古代人にとって厳しい自然環境の中で育てる作物は、生命の根源だったと推測できる。農耕民族の日本人には、ことのほか種に対する思い入れがある。その種をぎゅっと握りしめるという行為は、生命そのものが声を上げそうに思える。その感覚は、病弱で54歳の若さで亡くなった草城を思い合わせば、さらに納得させられる。句集の序文に、「これは私のそのときどきの心の風景である。また心の音楽である。否、風景ではなく場景、音楽ではなくただの雑音であるかも知れないが。・・・・云々」と書いているように、抒情的でモダンな句を多数生み出している。

種袋わが身に根付くけむりとや  すず子

男性は種を持ち、女性は体内に子宮という種袋を持っている。これはダーウインの「種の起源」「人類の由来」等の進化論を借りるまでもなく、自然の法則である。最近は少子化が進む一方、今日の新聞紙上に「クローン人間妊娠」等という記事が掲載され、社会問題化しつつある。さて、掲句はそんな現実的なことではなく、種袋(この場合花種)を手に取り、体内にけむりが根付いたのだと、詩的に表現されている。作者の意図するけむりははたしてなんであるのだろう?けむりは、体の中で徐々に広がりながら充満して行き、嬉しい時は明るい色に、悲しい時は暗い色に変容して行く。どこか、エロチックな雰囲気も漂わせる句だ。この句は、青玄合同句集11号から引いた政野すず子氏の句。氏は1959年「青玄新人賞」、1974年に「青玄賞」、1993年に「青玄評論賞」を得ている。

種をまく五月はワッフル太る頃  健治

ワッフルは小麦粉に卵、砂糖、牛乳を混ぜ合わせ、焼き上げたものだが、あの焼いている時の甘ったるい香りに、思わず買って帰たくなってしまう。稲の種を苗代に蒔くのは八十八夜の頃と言われている。(陽暦では5月1日、2日頃)五月の陽光の中、蒔いた種がふくらんで、発芽する。ふっくらとふくらんだワッフルもまた、明るくてうきうきする気分。種とワッフルとを巧みに取り合わせて、句に仕立て上げられている。この句は句集「歩く魚」(1994年刊)から引いた、船団会員の南村健治氏の句。この句集には「ぴろぴろは春の耳からこぼれだす」などの肩の凝らない楽しい句がある。