楽器をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

崖上のオルガン仰ぎ種まく人  修司

句集「花粉航海」より掲出した寺山修司氏の句。修司は「父、母、故郷」をテーマに短歌や俳句を書いた。それは米軍基地に派手な身なりで出入りする母をあなたとしか呼べなかった事や逃れられない故郷への想いがそうさせたのだろう。掲句のオルガンも現実のオルガンではなく、故郷の象徴として表したのだろう。また種まく人は彼自身の姿に違いない。望郷の思いは“わが夏帽どこまで転べども故郷”などにも見られる。しかし、修司は「社会性を俳句の内でのみ考えていた僕は、俳句というジャンルが俳人以外の大衆には話しかけず、モノローグ的な、マスターベーション的なジャンルにすぎないことを知った」と語り、俳句から離れていった。修司の俳句や短歌を読み返してみて、余りにも純粋過ぎる姿を思い描いて悲しくなった。

浅蜊洗う マラカスの音させながら  ゆきこ

句集「手品師の鞄」(平成11年刊)を出し、2000年に青玄賞を受賞している。掲出したのは荒木ゆきこ氏の近作。彼女は非常な宝塚フアンであり、映画通。そんなお洒落で、モダンな一面が、掲句にも如実に表れている。キッチンで単に味噌汁を作る為に浅蜊を洗うという行為でも、その音はマラカスだと感じてしまう。もはや、キッチンは宝塚のステージと化してしまうのだ。最近、俳句を分解して想像遊びをすることに、凝っている。たとえば、掲句を浅蜊洗う ××××させながら、と××の部分に自分ならどんな言葉をいれるだろうと考える。とても、マラカスの音は想像出来なかった。自分の読みを外される意外性のある句が好きだ。ゆきこの句に“新じゃが洗う ボウルの中の乱気流”などもその類でウイットに富んだいい句だ。

木琴を叩いてさがす 今の私  美津子

青玄合同句集より掲出した引田美津子の句。美津子は、俳句のみならず、現代詩においても才能を発揮して、たびたび賞を得ている。掲句も、詩の中の一説を切り取ったような、極めて叙情的な形式で捉えている。ふと、自分自身が解からなくなったり、問い直してみたりすることがある。果たして彼女の今がどの音だったかは、知る術は無いが、たぶん木琴のことだから、それほど深刻な場面ではないことは、想像できる。詩人の谷川俊太郎の詩の一説に「ひとつたしかな今日があるといい/明日に向かって/歩き慣れた細道が地平へと続き/この今日のうちにすでに明日がひそんでいる」今を確かめることは、明日を確かめることだったのだ。

 

花をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

地球の頬くすぐっている 花吹雪  珠子

青玄無鑑査同人の湯山珠子の句。1974年「青玄新人賞」、1987年「青玄賞」1989年「青玄評論賞」の三賞受賞作家。作者は人柄そのままに、肩肘を張らない平易な表現で、きっぱりと言いとめる俳句が特徴である。掲句も地球という大きな題材を俳句に持ち込むと、重く説教じみたものになりがちだが、「くすぐっている」という、極めてくだけた言葉でそれを受け止めて、軽いタッチに仕立てあげることにより、メルヘンチックな雰囲気を醸し出している。“フランス映画の話などして“葡萄にキス”なんて洒落た句もある。

花吹雪 のろしの上がる胸の内  啓造

句集「言葉の鳥」(平成7年刊)より掲出した鈴木啓造氏の句。
1996年「青玄評論賞」を受けるなど、文才に優れ、時代を先取りするネット句会を立ち上げ、その席主(管理者)を努めるなど、マルチな活躍ぶりである。のろしと言えば、すぐに西部劇でのインデアンが崖の上から合図を送る姿を思い浮かべてしまうが、それはともかく、のろしは原始的な伝達手段である。花時は、とかく焦燥感に襲われる。ぽっかりと開いた心の穴から、のろしの煙が立ち上る。きっと、遠くにいる誰かに、何か伝えたいことがあるように・・・・。青春性の高い、感覚的な俳句である。

桜咲くそうだヤカンを買いに行こ  幸子

句集「遠くの山」(平成12年刊)より掲出した中原幸子氏の句。
坪内稔典氏が句集の跋文で、作者の事を何事にもひたむきであり、その一途さが妙に可笑しさを覚えると表されているが、それが本人は意識されていないのだろうが、見事に(?)俳句に滲み出ている。掲句も、桜が咲いたら普通は、さあ見物に出かけようと思うのだが、なんとヤカンを買いに行くとは。見事に読者の予想に反した行動に出て、微笑ましくて笑ってしまう。作者は話し言葉を取り入れた、いい句が多い。

 

鳥をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

花粉の日 鳥は乳房をもたざりき 赤黄男

句集「天の狼」(昭和16年刊)より採録した富澤赤黄男の句。
赤黄男の句には、乳房をモチーフにしたものが多い。他にも、後に高柳重信が身をそらす虹の/絶巓/処刑台の句の元になった、乳房や ああ身をそらす 春の虹などがあるが、その乳房のいずれもが、性愛の象徴として描かれている。この句も、植物の花粉を撒き散らして、受粉し結実する様と、哺乳類のように乳房は持たないが、囀りにより求愛をする鳥類とを対比して、性愛を象徴化している。

鳩は鳩 雀は雀 青き踏む 宏子

句集「指栞」(平成12年刊)より採録した吉塚宏子の句。
作者は書道家にして、保護司を勤める。最近ほど、人と人の関わりの難しいことはない。しかし、氏のその優しい目配りは俳句にも如実に現れている。
鳥にもそれぞれ特徴のある歩調がある。鳩はお尻をふってのよちよち歩き。雀は二本足を揃えてのぴょんぴょん歩き。人間はすたすた歩き。そんな歩く様を、俳句を字空けの表記にして、野歩きの楽しさをいっぱいに表現している。

ペリカンの口から春の月が出た 砂穂

2001年の「青玄賞」を受賞した中島砂穂の句。
ペリカンはあの独特の大きな嘴が特徴。その下嘴にある袋は掬い上げた魚を
貯めるものだが、何かを隠しているように見える。そこに、春の月を隠していて吐き出したのだと、ドッキリと驚きを与える。砂穂は掲句に見られるようにウイットに富んだ俳句を得意とする。 春の浜 ちりめんじゃこの大合唱 等の面白い句がたくさんあり、注目する俳人。

 

オノマトペをテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

撫で牛の鼻ぴっかぴか 梅ひらく  三樹彦

「青玄」565号(3月号)より掲出した伊丹三樹彦氏の句。
神社に行けば、様々な縁起物がある。社殿の前に置かれている牛の座像もそのひとつ。
首に涎掛けなど付けられていて、なんともユーモラスだ。
この撫で牛の 信仰は菅原道真が丑年の日に誕生され、その遺言に「自分の遺骸を牛の背に乗せて人にひかせず、その牛の行くところにとどめよ」とあり、牛は安楽寺四堂のほとりで動かなくなり、そこを墓所と定めたとあり、1100年にそのルーツはあったようです。
時を経て、その撫で牛の口のあたりを撫ぜると、食い物には困らない等という謂れがあるらしい。
ぴっかぴかというオノマトペが、庶民の願いを象徴しているようだ。
 

ふわふわの闇ふくろうのすわる闇  稔典

句集「月光の音」より掲出した坪内稔典氏の句。
ふくろうは、ギリシャ神話などでは、英知や霊力のある鳥として扱われているが、日本では最近、ふくろうを福と掛けて、幸運を呼ぶ鳥として、様々なグッツが作られたりしている。
それは、ふくろうの愛らしい目やその姿が万人に愛されている鳥だからだろう。ともあれ、掲句は闇という漢字以外、一切はひらがな表記し、更に闇をリフレインして使っている。
そのことにより、闇そのものを一層クローズアップさせている。 ふわふわの闇という表現も、その闇が心地良く、かつ美しく感じられる。
 

なずな咲くてくてく歩くなずな咲く  恵美子

句集「ポケット」より掲出した小枝恵美子氏の句。
いつも春になると、この句が口をついて出る、私の愛称句。
野歩きに、ついつい出歩きたくなってしまう。本来、俳句中に、動詞を二つ使ってはいけないとされている禁をあえて破り、「咲く」「歩く」と重ねているが、てくてくを句の真ん中に据えて、
リズミカルな俳句にしている。空の青さまで見えてくるから不思議。