秋の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

autumn

siki_page_navi3siki_haiku

051 がちゃがちゃ鳴くから鋏錆びてくる
052 いわし雲 尾びれ背びれを忘れての
053 柿日和ゆらゆら少女の一輪車
054 原子炉を遠巻きにして 曼珠沙華
055 割れ石榴 救急箱に止血剤
056 風化した遺跡さながら 駱駝座す
057 ぼんぼん時計 ほら 蓑虫が顔出した
058 月光干しのGパン 僕の宇宙服
059 手のひらの紅葉一片 僕の火種
060 手のひらの子午線跨ぐ天道虫
061 枯れ向日葵倒される時 鉄の音
062 片耳がまだ覚めている 虫の夜
063 鶏頭の鳴き出しそうな真昼時
064 鳥おどしの目玉 青田はピカソのもの
065 宙吊りみの虫 お降りの方はいませんか
066 金木犀ぽろぽろ時間の欠けらです
067 木の実降る覚えられない新兵器
068 県境を三つ跨いで 紅葉の夜
069 スイッチまでの手探り ちちろ虫の闇
070 袋からマシュマロあふれ 秋の雲
071 ごま油つんと香りて 晩秋
072 オカリナは小鳥の形蜜柑山
073 マヨネーズの語源は町の名 鳥渡る
074 トンボ来る赤鉛筆のよく減る日
075 助動詞のようにくっつくいのこずち

 

秋の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

autumn

siki_page_navi2siki_haiku

026 日時計になれず鶏頭暮れてゆく
027 マルコポーロの海図開けば鰯雲
028 飛蝗とぶ ジャンボ機脚を折りたたむ
029 ピエタのように 日暮のコスモス抱き起こす
030 生地選る妻 月に指先湿らせて
031 草の花 内ポケットは秘密基地
032 駅からの歩数の絵地図 絮たんぽぽ
033 秋はゆっくり ジンベイ鮫が向き変えた
034 点字のような団地の灯り 夕紅葉
035 海原に蟹が遊んだちぎれ雲
036 花時計 水撒くように秋が来た
037 芋の蔓たぐり寄せれば 土讃線
038 フルートの音色を曳いて 流れ星
039 手のひらに軟着陸の 鬼くるみ
040 みの虫の寝袋風が覗き込む
041 地下花舗に風を呼び込む 花芒
042 草原で助走をつけて 九月来る
043 モード学生の綴り合わせる秋の雲
044 月光を浴びてレモンの無重力
045 ハローページのハ行破られ 残暑なお
046 コスモスのゆらゆら 地軸傾ける
047 クルーソーの骨めく潮木 渚の秋
048 照紅葉いま踏み込めば 火だるまに
049 万年筆選る 秋あきあきと書き連ね
050 石榴割れる 保守派それとも革新派

 

秋の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

autumn

siki_page_navisiki_haiku

001 黒葡萄ノブの孤独に突きあたる
002 草の花 少年Aという符号
003 柱にも梁にも遊び 萩の風
004 風来たらコスモス言葉で話そうよ
005 夕波に 愁思の礫投げ入れる
006 秋の暮どこか殺意の砂時計
007 草の絮水平線のたじろがず
008 涙にもいくつか道筋 銀杏もみじ
009 胸の内見透かすように猫じゃらし
010 図面引くその線上の秋の暮
011 毬栗の爆ぜて 現在 過去 未来
012 いじめっ子 いじめられっ子 曼珠沙華
013 爆破ビル 導線を張る蔦紅葉
014 蟋蟀が鳴くから残すパンの耳
015 わが胸に鱗粉こぼす 秋の蝶
016 新涼のキュッと鳴らして 靴を選る
017 食パンの歪み始める ダリの午後
018 賢治の忌 ナリタイ人ニモナレナイデ
019 天高し梯子を増やすあみだくじ
020 踏み入れば退路絶つかに 曼珠沙華
021 隠し絵のキリンをさがす 黄落季
022 晩秋のギブスの指の覚めており
023 こぼれインク ロールシャッハの紅葉とも
024 雌鳥がしきりに鳴く夜 木の実落つ
025 野外劇 ト書きあるかに紅葉散る

 

夏の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi4siki_haiku

076 ユニクロのシャツが平積み あじさい園
077 天道虫 一番星をあげようか
078 水中花 ゆらゆら眠い水の午後
079 枇杷の種ころんと 今日の読了点
080 立葵たとえば憲法第九条
081 河童忌のブルーマリンのシャツを着て
082 熱帯夜 シーツの海にエル・ニーニョ
083 骸蝉埋める ジジっと鳴いてやる
084 緋の金魚 女優の貌して浮き上がる
085 剃り残しの髭がちくちく 夏兆す
086 男滝 水踏んばってから落ちる水
087 ヨイトマケの唄が遠くで 蟻の列
088 薔薇の名はピカソ 景色が歪むミラービル
089 空蝉のこんなに吹かれ 仮の世を
090 青虫になってもいいか 青葉若葉
091 兜虫歩めば 鉄の匂いして
092 呪縛のような真昼 繭が糸を吐く
093 ががんぼはバレリーナ アン ドゥ トロア
094 少年の背骨はマスト 海の日の
095 回遊魚として スクランブル交差点
096 遠泳の顔してマンボウ呼び寄せる
097 晩夏光 胸に郵船座礁する
098 シャベル車のキャタピラ軋む 原爆忌
099 栗の花 足の指から眠くなる
100 星堕ちた処が生地 天道虫

 

夏の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi3siki_haiku

050 干し傘はパラボラアンテナ 半月食
051 短夜の列車の窓は回顧展
052 りんごの木揺さぶり 楽園見えますか
053 金魚鉢に水を満たせば海荒れる
054 切り離された後ろの二輌 豆の花
055 再生紙五枚重ねて 熱帯林
056 照り返すアスファルト 夏は力ずくで
057 揚げ花火 バッグの口が開いている
058 何の罪 処刑さながら茄子焼かれ
059 その色はたとえば胃痛 濃あじさい
060 普段着になったらいかが 兜虫
061 かたつむり明日から町名変わります
062 タンゴ転調 夜の金魚の緋のドレス
063 手のひらの子午線跨ぐ天道虫
064 風揺れのポピーは フレンチカンカンで
065 ストリートオルガン曳いて かたつむり
066 泰山木 鉄のオブジェの森に錆び
067 噴水に胴上げされてみたくなる
068 立て掛けた梯子倒れる虹の中
069 夏空の端引っ張って シーツ干す
070 まいまいが水の凸凹均してる
071 ト音記号がうまく書けない 水すまし
072 雲の峰 ここは分別収集地
073 動かねば岩となる河馬 炎天下
074 「ゴンドラの唄」に総揺れ 莢えんどう
075 からす蝶 ゴールキーパーの孤影から