冬をテーマにした俳句(自句自解)

jiku

鍵穴のコトンと音して草城忌

草城忌は、俳人日野草城の忌日(1月29日)。東鶴忌,銀忌とも言われている。草城は、1934年、フィクションの新婚初夜をモチーフとしたエロティックな連作「ミヤコホテル」10句を発表。俳壇の内外に騒動を捲き起こした。1956年、54歳の時、心臓衰弱のために死去。大阪市天王寺区の慶伝寺に墓があり、時々訪れたりしている。
この句は、今まで余り意識することの無かった鍵穴。夜に帰宅した折、鍵を差し入れて廻すと、玄関の鍵穴は、「コトン」と軽快な音を発した。
妙に、その音が、後ろめたいような、艶っぽい音に思えると同時に、日野草城の「冷房の鋼鉄の扉しまる音」を想起した。

白息を引いて少女ら失踪す

わが家は、川の土手の脇に建っている。お揃いの赤いジャージの一団がこちらに向かって駆けて来る。きっと何かの大会が間近なのだろう。「ファイト!ファイト!」大きな声を発し、白息を引きながらあっと言う間に、駆け抜けていった。
その吐き出された白息の長い尾は、少女らの身体から沸き立った美しいエネルギーそのものだと感じられた。なんと、清々しい朝であろうか。

今日もまたドラマの端役ちゃんちゃんこ

ちゃんちゃんこは冬の防寒着だが、シャレて暖かいダウンのジャケットの普及によって忘れられつつあったが最近、カラフルな物が出て、また人気を回復しつつあるようだ。
さて、この句だが、映画の『蒲田行進曲』の中での、階段落ちのシーンが頭を過ぎった。主役は倉岡銀四郎だが、彼を慕うヤスという大部屋役者がついていた。撮影所の大部屋にすし詰めにされて日々を過ごす大部屋役者たちは、明日を夢見て、悶々と過ごしている。危険な階段落ちのシーン、それと引き換えに1日だけスターになれるのが、この映画だった。どこか、ペーソスの漂う風景である。

 

コメントを残す