冬をテーマにした俳句(自句自解)

鍵穴のコトンと音して草城忌 草城忌は、俳人日野草城の忌日(1月29日)。東鶴忌,銀忌とも言われている。草城は、1934年、フィクションの新婚初夜をモチーフとしたエロティックな連作「ミヤコホテル」10句を発表。俳壇の内外に騒動を捲き起こした。1956年、54歳の時、心臓衰弱のために死去。大阪市天王寺区の慶伝寺に墓があり、時々訪れたりしている。 この句は、今まで余り意識することの無かった鍵…

Read more

春をテーマにした俳句(厳選三句)

春風に此処はいやだとおもって居る 澄子 「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」(句集 空の庭)の句を、眼にしてより澄子の平易な表現で、しかも意外性のある作風の虜になった。掲句も、およそ「いやだ」という風な、感情語を入れる事は、俳句の禁じ手。でも、それを逆手に取って、ユーモアという風体に仕立てられている。春風が、この場所は我輩には、相応しくない処だと、威張っているようにも詠める。本当は、作者自身…

Read more

赤ん坊をテーマにした俳句(厳選三句)

赤ん坊に太陽が来る髭が来る 三樹雄 この間、大江健三郎の『二百年の子供』(中央公論社)、という本を読んだ。「いま」という事をテーマに健三郎、初めての珍しいファンタジー。帯文の中で、「私たちは(子供から老人まで)いまという時を生きています。私たちが経験できるのは、それでいて、過去の深さと未来からの光にひきつけられます。人間だけが、そのようないまを生きるのです。そして、そのことを意識しないでも、…

Read more

梅をテーマにした俳句・その2(厳選三句)

梅にほうほうと男 あらあらと女 三樹彦 物を見て思わず発する、感動の言葉(感動詞)にも、男と女の区別があるようだ。小説の男女の会話に中に、巧みに取り込まれていて、それぞれの場面を盛り上げる要素になっている。いまは、言葉の乱れがあり男ことば、女ことばの境目が曖昧になってきているが、小説の中では未だ顕著に書き分けられている。明治文学では、尾崎紅葉の『金色夜叉』の貫一とお宮の会話などは、高圧的な貫…

Read more