紙をテーマにした俳句・その2(厳選三句)

紙コップ ゆらゆら 雲海の底知らない やすし 学生時代に立山に登ったことがある。その折、山小屋から出て、張り出した岩場の突端から眺めた雲海の美しさは、今でも忘れない。もこもこと、まるで綿を一面敷き詰めたような様は子供でもなったかのように、身を投げて見たい気分になったものだ。掲句は、山上から眺めたものか、あるいは機上から眺めたのであろうか?よほで深く立ち込めた雲海であったのであろう。紙コップの…

Read more

柱をテーマにした俳句(厳選三句)

夏の日のわれは柱にとりまかれ 喜代子 環状列石(ストーンサークル)の中でも、イギリスのビルトシャーのストーンヘンジと呼ばれる、3重に環状に並べられた巨石の列柱は不思議だ。日本でも、縄文時代に作られた言われる、金沢にあるチカモリ遺跡の丸太を半分に割って、立てられた列柱がある。それは、何の目的で作られたものかは、未だはっきりとは解明されていない。喜代子の柱に取巻かれるという感覚は、環状列柱を思い…

Read more

火をテーマにした俳句(厳選三句)

八月の炎へ描く希臘文字 紫逢 夏のいかにも暑そうな季語に、炎帝がある。広辞苑によれば、①火をつかさどる神②夏をつかさどる神③(火徳で王となったと伝えられたいう)神農氏。神農は、中国古伝説上の帝王。三皇の一、姓は姜(きょう)。人身牛首、民に耕作を教えしたから神農氏といい、五行の火の徳を以って王となったために炎帝という。と書かれている。掲句の八月の炎は炎帝の激しい燃え立つような暑さを想起させる。…

Read more

海をテーマにした俳句(厳選三句)

海見えず蟹ののぼれる屋根が見ゆ 峠 峠は、市立尼崎高校の教師だった。したがって、「何故にこの教室に来れば咳く」「教室の窓は敏感東風来たる」など教師俳句を多く生み出している。また、一変して掲句のように、海を詠んだ句が見られる。峠にとって、海は単に地理的に近いという物理的要因より、生臭い教師生活からの開放の場であったのかもしれない。しかしながら、「海は見えず」と書き出している。屋根へかつかつと這…

Read more

声をテーマにした俳句(厳選三句)

受話器からしゃぼんの如き母の声 桂 この句に採り上げられている母は、故郷に住む母か?何らかの理由で離れて住んでいる母であろうか。ともかく、絶えず連絡を取り合っているのではなく。何年かぶりに電話して、受話器の向こうから聞こえてくる母の声は、しゃぼんのように思えた。ここに比喩されたしゃぼんは、その匂いからくる懐かしさと捉えるより、その泡のつかみ所のない、妙なあやふさのように思える。それは親子とい…

Read more