音をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

秋立つや川瀬にまじる風の音 蛇笏

この句は、『古今集』巻四の藤原敏行の「秋立つ日よめる、秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかれぬる」を踏まえて作られたものであろうか?ともあれ、秋は空気が澄んでいることもあり、音に敏感になる。ただ川瀬の音に混じった風の音を聞き分けたというところに、新味があり、極めて感覚的だ。蛇笏の自解文によれば、この川は、生家の前の狐川(山梨県)の流れを詠んだようだ。とすれば、実景を詠みとめたものだ。「高西風(たかにし)に秋たけぬれば鳴る瀬かな」等があり、家の前の狐川を、いつも眺めているのだ好きだったようだ。この句は、句集「山廬集」より引いた飯田蛇笏の句。

大空の扉を叩く 秋の母音 啓造

大空の扉という導入部で、ルネ・マグリットの絵を思い出した。マグリットは「イメージの裏切り」をテーマにしているので、その空の中から、鳥が切り取られたり、人物や楽器や様々のものが浮かんでいたりして見る者の、日常と非日常との境界を揺さぶる。大空に扉を書いたものもある。それは、空に浮かぶ扉が半開きになり、雲を招き入れている、この句にピッタリの描写の絵である。思いきり口を開いて発せられる母音なら、扉を叩くであろう。それは、啓造の希求する空への想いが、詩へと昇華され、扉を表出させたのだ。この句は、句集「言葉の鳥」より引いた、鈴木啓造の句。

ソの音を無くしたピアノ 玩具箱 敦代

この句は、ソの音が出なくなったピアノは、玩具箱そのものである。という解釈と、ソの音が出なくなったピアノが、玩具箱にある。という解釈も出来る。これは、ピアノと玩具箱の間に、字あけが施されているためだろう。字あけを切れ字の「や」の意味だと、前者の意味に近い。ピアノは、何故かある特定の音がよく出なくなる。子どもの頃、買ってもらった「子ども用ピアノ」等は、すぐ壊れた。敦代も、きっと嬉しさのあまり、鍵盤を叩き過ぎて、「ソ」の音が出なくなったのだ。そのピアノも、いまだ捨てられずに、玩具箱にあるという。後者の解釈が好きだ。この句は、句集「冬の椰子」から引いた、上森敦代の句。

 

コメントを残す