妻をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

無礼なる妻よ毎日馬鹿げたものを食わしむ 夢道

この句は、句集「無礼なる妻」に収録されている、橋本夢道の作。夢道は、徹底した社会批判俳句で、治安維持法で投獄されたこともある。その作風は、庶民生活を人間臭く描き出し、季節(季語)や音律の制約を取り払って、社会の矛盾や不合理を詠んだ。「良妻にヤミ米騰るに農相『善処します』」、「毀れ易い幸福に冬海の朝日がきらきらさす」などの、弾圧の時代を意識して、むしろ茶化している。掲句に出てくる妻は、貧乏でろくな物が食えない毎日の生活の苛立たしさを、「馬鹿げたもの」と転化して、無礼なる妻という大仰な言い回しは、妻に向けられたものではなく、社会に投げかけられたものであろう。

絨毯は空を飛ばねど妻を乗す 道夫

この句に登場する妻は、夫に愛される幸せな姿を示す。空飛ぶ絨毯、即ちアラジンの魔法の絨毯のパロデイ化。妻の座る絨毯はふかふかで、如何にも暖かく描かれている。それは、妻に対して注がれる、道夫の視線の優しさである。言い換えれば家庭における妻の存在感を指し示している。また、「妻を乗す」の表現に意外性があり、もしかして念じれば、飛ぶかもしれないと思わせる夢がある。この句は、句集「顱頂」から引いた中原道夫の句。

山茶花に近寄っていく 妻の息 和實

山茶花の漢名は「茶梅」で日本原産。江戸時代にオランダ人が、ヨーロッパに持ち帰ったのが、西欧に広まったらしい。だから、学名も英名もサザンカ(Sasanqua)という。俳句では、俳諧の時代に詠題として、登場している。「山茶花を旅人に見する伏見かな」西鶴(蓮の実)「さざん花に囮鳴く日のゆふべかな」言水(京日記)などが見られる。さて、掲句だが、咲き初めた山茶花の楚々とした姿に惹かれて、近づいて行く妻をフォーカスしている。「妻の息」の捉え方は、充分に妻への心配りが見える。この句は「青玄」576号から引いた、木寺和實の句。

 

コメントを残す