家をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

石の家にぼろんとごつんと冬が来て 窓秋

この句を見て、「北の国から」の主人公の黒板五郎(田中国衛)が、丸木の家に続いて建てた石の家を思い出した。いまは、「北の国から」のロケ地の観光コースがあり、石の家が見られるという。一度行って見たい気もするが、自分のイメージのまま残していた方が、いいのかもしれない。ともあれ、掲句も厳しい自然環境の中に立っている風景が思い浮かぶ。中七の「ぼろんとごつんと」のオノマトペは、石の質量の表現ともとれるが、人間が立ち向かう冬の厳しさを、指し示しているようだ。窓秋は、戦争で満州に出兵していたので、大陸での思い出なのであろうか。この句は、句集「石の門」(酩酊社)から引いた、高屋窓秋の句。

よく眠ることが身上 落葉の家 千佳子

千佳子は明治44年生まれの92歳。明治と言えば、明治のはじめ日本へ来て、東大で言語学・国語学を講義した、イギリスの学者、チェンバレンの著した『日本事物誌』がある。そこで、日本語には火事に対する語彙が豊富であることを指摘している。なるほど「ぼや」「丸焼け」「飛び火」「貰い火」から「火事場」「火事ドロ」「火事見舞」など数多い(ことばの歳時記より抜粋 金田一春彦著)。当時の欧米人には、日本の家屋は木と紙で出来ていると信じられていたようだ。この句も俳句を知らない人が、詠んだら落葉で、家が作られていると思われるかもしれない。しかし、そういう風にとって、落葉の中で虫になって、すやすや眠っている風景も詩的でいい。この句は、青玄12月号(584号)から引いた、西尾千佳子の句。

親を看る最後の家人シクラメン 明

俳句研究12月号で、俳人大アンケートを掲載し、264名の俳人がこれに答えている。この句は、そのアンケートでの鈴木明(野の会、青玄)の自選一句である。その中で明は、「句選で感じること。高齢化からか老病死に関わる切実な句が多い。真情の吐露も俳句だが、形式を用いた自己救済の試みをいま少しプラス思考に向けられないかと、同じ晩年を迎え、互いに戒老の腕の見せ処と思う」と答えている。掲句の自作も明の考えに添って当然、病気の親の枕元にまるで灯火のように点って、見守っているシクラメンを擬人化した詩的な描写という解釈が正解であろう。

 

コメントを残す