春をテーマにした俳句(厳選三句)

sanku

春風に此処はいやだとおもって居る 澄子

「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの」(句集 空の庭)の句を、眼にしてより澄子の平易な表現で、しかも意外性のある作風の虜になった。掲句も、およそ「いやだ」という風な、感情語を入れる事は、俳句の禁じ手。でも、それを逆手に取って、ユーモアという風体に仕立てられている。春風が、この場所は我輩には、相応しくない処だと、威張っているようにも詠める。本当は、作者自身が春風が嫌がっているだろうと、その場所(例えば、ごみごみした処)を危惧しているのだろう。「おもって居る」という古風でオーバーな言い回しが、読み手にくすっとした、笑いを誘う。この句は句集「いつしか人に生まれて」より引いた、池田澄子の句。

立春の箱から耳を取り出して 喜郎

坪内稔典氏の「船団」の集いで、たびたび会ったことのある喜郎が、句集「急がねば」(ふらんす堂)を上梓した。喜郎は陶芸もやっていて、自身のホームページ「in thebox」に作品を載せたりもしている。それにしても掲句の不思議さはなんであろう?箱の中から耳を取り出す。取りようによっては、猟奇的な雰囲気を漂わせる。しかし、立春という季語のフイルターを通して見れば、たちまち場面は、楽しく明るい雰囲気醸しだす。その耳は、春の音を聞くために、大切に仕舞っておいた感覚の耳であったのだ。この句集の中には、「蛙の夜ゼンマイ仕掛けの兄放つ」「順番にバケツを吊す電波の日」など、不思議な句がある。

そうねといいくつしたをぬぐ春の星 砂代里

友人の砂代里がユニークな句集と歌集と散文集を合体させたものを、刊行した。
それぞれは、別冊になっていて、句集は「そうねという」、歌集は「仕方のない人」散文集は「普通の日」のタイトルが付いている(風来舎刊)。掲句に見られるように、砂代里の作風は、おおよそ従来の俳句の観念を、突き破っている。「そうねといい」の導入部にまず意表をつかれる。その驚きは、誰にそう言っているのであろうかと、想像を掻き立てられる。後に続く、靴下を脱ぐという状況から、きっと親しい間柄の人であろう。また少し、エロチックな場面ともとれる。春の星の措辞で、更に混乱を起こさせる仕立てになっている。この句は、山口砂代里の三部合体句集より引いた。

 

コメントを残す