春の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

spring

siki_page_navi4siki_haiku

076 げんげ田に自然死のごと身をあずけ
077 春眠のところどころに 鳥山立つ
078 花種を蒔けば輝く指がある
079 風揺れのぶらんこ 老いはゆっくりと
080 高かれ 遠かれと 絮たんぽぽは僕
081 絶叫の声 チューリップ開き切る
082 特急はみんな鳥の名 山若葉
083 春の空 雲形定規に表裏なく
084 もう春は見えていますか 遠目キリン
085 ボーカルは誰 つくしんぼうのマイク立つ
086 太郎の塔の目玉の巨大 梅三分
087 耐震のビルと言えども かげろえる
088 蟄虫蠢く 電柱のない街路
089 春眠を掴まえている 羽根布団
090 アイマスクは中也の詩集 野は緑
091 春うらら 目玉が河馬の喫水線
092 花吹雪 誰が引いたの天の紐
093 チューリップの「あ」の」口「う」の口 幼稚園
094 うつ伏せで話せば みんなタンポポ語
095 春の虹 何か言いたげな 如雨露の口
096 青空の雫となって 落雲雀
097 花吹雪 空にほころびあるような
098 携帯のアンテナ伸ばせば つくしんぼ
099 星屑を拾い集める ふんころがし
100 乱丁の白紙のページ 蝶の昼

 

春の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

spring

siki_page_navi3siki_haiku

051 語尾長く引っぱる車掌 花疲れ
052 間取り図に窓書き足せば 飛花しきり
053 本籍地移すのよそう 絮たんぽぽ
054 啓蟄のマジシャンが吐く万国旗
055 メールアドレス変えてみたけど 花粉飛ぶ
056 胸中に空き部屋ひとつ 絮たんぽぽ
057 銀忌 カップに砂糖溶け残る
058 白雲が梢に仮寝 白辛夷
059 日本の裏はモロッコ 春筍
060 揚げ雲雀 雲のひとつを浮巣とす
061 ライターの火花とびつく 花連翹
062 剃り残しの髭がちくちく 芽木の昼
063 春ならば大魚の骨を打楽器に
064 啓蟄のページを分かつ赤い紐
065 体内のあぶくを増やす花の昼
066 爪切ればみんな呆けるつくしんぼ
067 ペコちゃんの頭をぽんと春の塵
068 警官に呼び止められる啓蟄日
069 春の風邪列車ながなが行き過ぎる
070 薔薇の名はアブラカタブラ白雲湧く
071 とびとびに座る河原の花なずな
072 桜咲く地面を蹴って乾く犀
073 踝は尾鰭の証 海おぼろ
074 姫辛夷 カスタネットの音がして
075 チューリップ クレヨン貸してくれないか

 

春の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

spring

siki_page_navi2siki_haiku

026 飛花落花 ジャズのロックの ブルースの
027 縄文の火を燃えたたす 花の闇
028 モンローのスカートふわり 五月です
029 「春が来た」「春が来たね」と サラダ盛る
030 梅日和 手紙は青空局留で
031 蝶乱舞たとえばテープの早送り
032 太刀魚に触れて金属アレルギー
033 飛べるかも げんげ田風の滑走路
034 街おぼろ 形状記憶のシャツおぼろ
035 人麻呂忌キトラ古墳の星宿図
036 空豆は宇宙カプセル みどりの日
037 大仏の目線の高さ お山焼き
038 春そこに 出窓は風の郵便受
039 荷をほどく花屋の指から蝶生まる
040 人工島 先住民はタンポポたち
041 春風に相席いかがと カフェテラス
042 シャボン玉 地球をコピーするつもり
043 啓蟄の魚の腹から魚が出る
044 飛花しきり 身体が水を欲しがって
045 早春の風景画であるメロンパン
046 流氷の一片ジンに ジャズを聞く
047 朧夜の家訪うように字幕追う
048 陽炎はアラビア字典の目次から
049 平方根解けば出て来る へび かえる
050 春昼のワム・トム・トラをひと繋ぎ

 

春の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

spring

siki_page_navisiki_haiku

001 白梅に 無垢の心を今は持つ
002 校庭に カナ文字遊び 飛花 落花
003 立秋の 壊れた壺の中に水
004 さよならは唐突 春の避雷針
005 啓蟄の喉のささった魚の骨
006 梅日和 誰かがきっと猫になる
007 梅の花 坂の途中の胸騒ぎ
008 さくらさくら 合わせ鏡の中の妻
009 ジギタリス 更紗縮れを嘆く午後
010 血管の透けて見える日 梅ひらく
011 レタス食む 幸せ色ってうすみどり
012 青空をくすぐる枝先 梅真白
013 春愁の言葉の出口 雨模様
014 啓蟄のシャツのはみ出す脱衣箱
015 たんぽぽの出会いの序章 私小説
016 さよならの後のブランコ揺れていた
017 花の種蒔いて 日暮の別の顔
018 春惜しむ 話は芭蕉からチャタレーへ
019 夕暮れの水辺に垂らす 五月の足
020 日時計の針になる僕 春立つ日
021 バラの芽の充血 目薬 滴 滴 滴
022 浚渫の砂山くずれ 頭痛の日
023 かげろえば古代魚泳ぐ街となる
024 シャガールの空まで伸ばすキリンの首
025 永き日の犀はひとつの岩になる