夏の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi4siki_haiku

076 ユニクロのシャツが平積み あじさい園
077 天道虫 一番星をあげようか
078 水中花 ゆらゆら眠い水の午後
079 枇杷の種ころんと 今日の読了点
080 立葵たとえば憲法第九条
081 河童忌のブルーマリンのシャツを着て
082 熱帯夜 シーツの海にエル・ニーニョ
083 骸蝉埋める ジジっと鳴いてやる
084 緋の金魚 女優の貌して浮き上がる
085 剃り残しの髭がちくちく 夏兆す
086 男滝 水踏んばってから落ちる水
087 ヨイトマケの唄が遠くで 蟻の列
088 薔薇の名はピカソ 景色が歪むミラービル
089 空蝉のこんなに吹かれ 仮の世を
090 青虫になってもいいか 青葉若葉
091 兜虫歩めば 鉄の匂いして
092 呪縛のような真昼 繭が糸を吐く
093 ががんぼはバレリーナ アン ドゥ トロア
094 少年の背骨はマスト 海の日の
095 回遊魚として スクランブル交差点
096 遠泳の顔してマンボウ呼び寄せる
097 晩夏光 胸に郵船座礁する
098 シャベル車のキャタピラ軋む 原爆忌
099 栗の花 足の指から眠くなる
100 星堕ちた処が生地 天道虫

 

夏の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi3siki_haiku

050 干し傘はパラボラアンテナ 半月食
051 短夜の列車の窓は回顧展
052 りんごの木揺さぶり 楽園見えますか
053 金魚鉢に水を満たせば海荒れる
054 切り離された後ろの二輌 豆の花
055 再生紙五枚重ねて 熱帯林
056 照り返すアスファルト 夏は力ずくで
057 揚げ花火 バッグの口が開いている
058 何の罪 処刑さながら茄子焼かれ
059 その色はたとえば胃痛 濃あじさい
060 普段着になったらいかが 兜虫
061 かたつむり明日から町名変わります
062 タンゴ転調 夜の金魚の緋のドレス
063 手のひらの子午線跨ぐ天道虫
064 風揺れのポピーは フレンチカンカンで
065 ストリートオルガン曳いて かたつむり
066 泰山木 鉄のオブジェの森に錆び
067 噴水に胴上げされてみたくなる
068 立て掛けた梯子倒れる虹の中
069 夏空の端引っ張って シーツ干す
070 まいまいが水の凸凹均してる
071 ト音記号がうまく書けない 水すまし
072 雲の峰 ここは分別収集地
073 動かねば岩となる河馬 炎天下
074 「ゴンドラの唄」に総揺れ 莢えんどう
075 からす蝶 ゴールキーパーの孤影から

 

夏の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi2siki_haiku

026 花いばら 近頃みんなひとりっ子
027 炎昼の握り潰した紙コップ
028 短夜のキウイ鳴かずに転がった
029 シネマの闇出て 向日葵に感光す
030 釣忍 軒端にジュラ紀の風起こる
031 マンボウが半身探す 五月の海
032 消去法で答出すかに ところてん
033 床磨く 妻の素足が行き来して
034 押しピンのように踏んばる あめんぼう
035 噴水の穂から採りだすレース糸
036 過去形で話せばカルピス薄くなる
037 合歓の花 あれは天女のつけ睫
038 梅雨傘を出て 大海の魚となる
039 ゆっくりと忘れるための 海ほおずき
040 白鳥座の翼が触れてる 揚げ花火
041 夏疲れ たとえば空の紙袋
042 でで虫の角より 住宅展示場
043 空蝉の背中は鍵穴 考古学
044 ドーナツの穴がぽっかり 五月病
045 ガラス器が割れて 遠くで噴水が
046 兜虫 どこかに捻子があるような
047 なめくじが残した 銀の設計図
048 深夜タクシー 蛍の国の出口から
049 向日葵の茎太らせる ブラスバンド

 

夏の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navisiki_haiku

001 髭欲しと時には思う サングラス
002 さくらんぼ テーブルクロス純白に
003 蝉しぐれ 書架より失せし博物誌
004 手花火が消えたら 生い立ち話そうか
005 キャンバスにひとつの記憶 青りんご
006 今どきの七人家族 豆ごはん
007 空瓶に唇あてて吹く立夏
008 操作場がらんと電車 ばらの風
009 疑問符のひとつほどけて 水中花
010 心太 身辺の書は斜塔積み
011 晩夏光 沖行くタンカー錆びてくる
012 納涼コンサート 耳のうしろに海がある
013 短夜の夢の端踏むユニコーン
014 この水も七つの海に 濃あじさい
015 バーコード読めないけれど 鮎 檸檬
016 競られゆく クレオパトラというメロン
017 ガリバーの手に身構える バッタの子
018 折り鶴の思わぬ飛力 新樹光
019 クロールの抜き手がつかむ 晩夏光
020 網目から覗く 薄暑のビルの骨
021 広重の夕立の中 橋架かる
022 向日葵の後ろで泣いてるチャップリン
023 また割れた茶碗 大暑のせいにして
024 噴水の穂先が触れてる 仮の平和
025 天道虫のカプセル割れて 星爆ぜる