夏の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi2siki_haiku

026 花いばら 近頃みんなひとりっ子
027 炎昼の握り潰した紙コップ
028 短夜のキウイ鳴かずに転がった
029 シネマの闇出て 向日葵に感光す
030 釣忍 軒端にジュラ紀の風起こる
031 マンボウが半身探す 五月の海
032 消去法で答出すかに ところてん
033 床磨く 妻の素足が行き来して
034 押しピンのように踏んばる あめんぼう
035 噴水の穂から採りだすレース糸
036 過去形で話せばカルピス薄くなる
037 合歓の花 あれは天女のつけ睫
038 梅雨傘を出て 大海の魚となる
039 ゆっくりと忘れるための 海ほおずき
040 白鳥座の翼が触れてる 揚げ花火
041 夏疲れ たとえば空の紙袋
042 でで虫の角より 住宅展示場
043 空蝉の背中は鍵穴 考古学
044 ドーナツの穴がぽっかり 五月病
045 ガラス器が割れて 遠くで噴水が
046 兜虫 どこかに捻子があるような
047 なめくじが残した 銀の設計図
048 深夜タクシー 蛍の国の出口から
049 向日葵の茎太らせる ブラスバンド

 

コメントを残す