夏の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

summer

siki_page_navi4siki_haiku

076 ユニクロのシャツが平積み あじさい園
077 天道虫 一番星をあげようか
078 水中花 ゆらゆら眠い水の午後
079 枇杷の種ころんと 今日の読了点
080 立葵たとえば憲法第九条
081 河童忌のブルーマリンのシャツを着て
082 熱帯夜 シーツの海にエル・ニーニョ
083 骸蝉埋める ジジっと鳴いてやる
084 緋の金魚 女優の貌して浮き上がる
085 剃り残しの髭がちくちく 夏兆す
086 男滝 水踏んばってから落ちる水
087 ヨイトマケの唄が遠くで 蟻の列
088 薔薇の名はピカソ 景色が歪むミラービル
089 空蝉のこんなに吹かれ 仮の世を
090 青虫になってもいいか 青葉若葉
091 兜虫歩めば 鉄の匂いして
092 呪縛のような真昼 繭が糸を吐く
093 ががんぼはバレリーナ アン ドゥ トロア
094 少年の背骨はマスト 海の日の
095 回遊魚として スクランブル交差点
096 遠泳の顔してマンボウ呼び寄せる
097 晩夏光 胸に郵船座礁する
098 シャベル車のキャタピラ軋む 原爆忌
099 栗の花 足の指から眠くなる
100 星堕ちた処が生地 天道虫

 

コメントを残す