俳句用語集(た行)

た行 ──

題詠

句会などで季語や言葉を題にして俳句を作ること。雑詠や自由詠に対して言う。古くは、蕪村や子規によってしばしば試みられた方法である。

第二芸術論

桑原武夫が俳句は芸術品として未完成であり、他の芸術と区別すべき「第二芸術」であると、総合雑誌『世界』中で主張した。それに反発した山口誓子をはじめ多くの俳人が、論争を繰り広げた。

多行俳句

俳句を二行以上の表記に分けて表現する形式。この形式を本格的に試みたのは、師の富澤赤黄男の一字空けの技法を更に進化させて、多行俳句に取り組んだ高柳重信である。多行俳句の特色は、その視覚的効果はもとよりイメージの不連続性から生じる一行俳句では表わせない弧絶性を表出させようとしたもの。

月並

正岡子規が『俳諧大要』において、「天保以後の句は概ね卑属陳腐にして見るに堪えず、称して月並調といふ」と述べた。それは、文化年間より盛んに行なわれた月並句合にたいしての新しみのない凡庸な句を批判しての言葉であった。

定型

俳句は、五七五(計十七文字)の音律数によって、書かれる基本的な形式。この形式に対して三文節のいずれかを崩して詠まれる形式を破調と言う。

伝統俳句

新興俳句運動が表現の革新や思想性や社会性の表現を目指したことに対して、有季定型を守る立場から言われた言葉。

投句

所定の用紙(短冊など)に俳句を書いて、句会や雑誌等に出すこと。

取合せ

許六が「発句は畢竟取合物とおもひ侍るべし。二ツ取合て、よくとりはやすを上手と云也」と、これが芭蕉の俳句の骨法だと述べている。例えば、「古池や蛙飛び込む水の音」などを採り上げ、一物仕立てに対して、二つのものを配合させて作る方法。(二物衝撃)

 

俳句用語集(さ行)

さ行 ──

雑詠

題を決めて詠む句に対して、題を定めないで各自が自由に詠む即ち自由詠の ことで、しかしながら季感を詠み込まねばならない。子規は、雑吟、雑詠の言葉を 用いていた。現在の俳句誌の投句欄は、すべて雑詠とされている。

雑俳

雑俳とは「雑俳諧」のことで、様々な形式による俳諧の総称で、談林俳諧隆盛の 頃から、付け合いの前句付、冠付けや語句を詠む込む折句という形式が現れます。 単純な形式ゆえに、俳諧の修練の場として盛んに、民衆の間で行われた。

三段切れ

句の中に3つの切れがあることをいう。たとえば「目には青葉山時鳥初鰹」(素堂)のなどの句。句の中心がぼやけると共に、つながりも悪いので避けるべきとされる。

字余り

俳句は、五七五の17音の音律で構成されているが、これをはみ出した俳句になること。「夏草に機関車の車輪来て止まる」(誓子)の五八五の18音となっている。

時事俳句

その時に起こった事件や政変などを詠み込んだ俳句。詩情に欠ける難点がある。

字足らず

字余りに対して、17音より少ない音律で構成された俳句。

社会性俳句

昭和28年に大野林火が「俳句と社会性」の特集を組んだことに始まり、俳壇の大きな 運動となった。プロレタリア俳句や新興俳句にもなった。

写生

正岡子規が、画家の中村不折に洋画の技法に習い、対象をありのままに形、色、状態などを写す取る方法を俳句に取り入れ、月並み俳句からの脱却を図った。

十七音量説

臼田亜浪が提唱した説で、俳句の五七五の17音律でなくても、音量即ち五音、 七音を更に分解して3音2音、2音3音2音の組み合わせにより、音量が17なら、俳句性、定型性が保持されるというもの。

自由律

五七五の定型に対して、その律調を自由に表現したもので、単律、長律がある。
河東碧梧桐を中心に新傾向俳句運動として自由律を唱えた。

 

俳句用語集(か行)

か行 ──

回文俳句

上から読んでも下から読んでも同音となる俳句。
<例>松の戸や春を薫るはやどの妻」(子規)

軽み

芭蕉が唱えた、一句の中にあらゆる概念を排除して平淡でかつゆるみのない俳句表現。
また言葉そのものに自然を見出そうとした運動でもある。後に、山本健吉は
発句の方法論ではなく、その「生き方」して捉えるべきだと論を展開した。

季重なり

一句の内に季語が二つ以上あることを季重なりという。
一句の中に季語となる言葉が二つ以上あってはいけないのは、俳句の中心となるべきものが分散してしまい、ぼやけるからだと言われている。

季題趣味

河東碧梧桐と高浜虚子の俳句観の違いを捉えて言われる用語。季語の本意、本情を重視した、虚子に対して俳句の変革を目指す碧梧桐は、本意より作者の実感を重んじた。

客観写生

正岡子規が洋画の写生を俳句に取り入れ、俳句の方法として写生を確立したが、
虚子の説いた「主観の涵養」を、尊重するあまり、月並み俳句が生み出されるのを危惧して、主観主情を廃して、対象を写し取る句法「客観写生」を説いた。

句合わせ

句相撲とも言われているもので、相撲の取り組みのように左右に句を合わせて、その優劣を競うもの。子規も盛んに楽しんだようで、「四季句合五十番」がある。

草の芽俳句

虚子が自ら提唱する客観写生に対して、秋櫻子と素十の俳句を比較して、素十の俳句がその実を表現して、優れていると評した。そのことに端を発して、秋櫻子が「甘草の芽のとびとびのひとならび」(素十)の句を引用して批判したのに由来して、硬直的な客観写生俳句を揶揄して、発せられる言葉。

句またがり

俳句は五七五の文節を基本とするが、読み的にも意味的にも他の文節まで、またがって詠まれるもの。そのことにより、定型を破ることにより句に屈曲感を生む。
「鶯の啼き誤ちてより啼かず」(鷹羽狩行)などがある。

景物

「日本人の風雅(文芸・芸術)で、とくに重んじられてきたのは五個の景物であり、それを中心として和歌の題がとりまき、その外側に連歌の季題がある。さらにそのまわりに俳諧の季題、もう一つ外側に俳句の季題があり、さらに一番外側には現実の季語がひしめきあっている」山本健吉(季語の年輪より)に語られているように、雪、月、花、紅葉などを言う。

結社

主宰の提唱する理念に基づいて、継続的に作品を発表したり、研鑽する場を持つ団体。明治時代には、「○○会」などと称されたものが、現代では結社と呼ばれ、その数は、1000以上ある(俳句年鑑)。

兼題

席題(当日出される題)に対して、句会に先立って出される題。即ち兼日の題の意味。兼題は、嘗ては季語を題とされたが、現代では季語以外の言葉も出される。

高原俳句

水原秋櫻子の印象派風の高原俳句に言われるように、高原の景物を詠んだ俳句。特に、堀口星眠らによる、軽井沢に遊んだ際の作品群に代表される。

口語俳句

定型を重視する文語俳句に対して、話し言葉で書かれた俳句を指して言う。明治時代に河東碧梧桐の定型への疑問から生じた、新傾向俳句にその源流が見られる。

構成俳句

物と物と組み合わせて、新たな意味を生み出す、芸術理論即ちモンタージュの方法を俳句に取り入れたもの。山口誓子が、積極的に「写生構成主義」を提唱した。

滑稽

「俳諧」という言葉と同義。直言的な批判ではなく、俳文学の根本となる機知やユーモアを効かせた俳句作法。

 

俳句用語集(あ行)

あ行 ──

挨拶

連句などで、招かれた客人が儀礼的な意味合いを込めて発句として詠む句。たとえば、芭蕉などは旅の途中立ち寄った、舟問屋高野平右衛門(俳号一栄)宅で 詠んだ「五月雨を集めて涼し最上川」は挨拶句であるが、後に「五月雨をあつめて早し最上川」と改められたのは、有名な話である。

一句一章

俳句は本来、句に切れを設けてその配合や取り合わせにより、別のイメージを抱かせるが、一句一章の場合は、句切れをせずに十七音でできるかぎり自由に表現を試み一気に詠み下す方法。
<例>冬菊のまとふはおのがひかりのみ     水原愁櫻子

イロニー説

俳句の本質は、逆説的な対象の把握にあるとする説。昭和23年「現代俳句」に掲載
された井本農一と神田秀夫の対談筆記によって、井本農一が展開した俳句理論。

運座

現在では、句会と言われているが、出席者が同座して、句を互選する会合。
文政年間(江戸時代)から明治にかけて、宗匠が点をつけていたが、明治23年「椎の友社」が互選と指導者の講評方式を用いたのが、現在の句会に定着した。

折り句

五七五に中に、決められた事物や物の名を句の頭に折り込んで句を作ること。
たとえば「ゆかた」 夕立や田をみめぐりの神ならぶ(其角)などの例