正岡子規と野球の関係~トリビアな俳句雑学~

zatsugaku1

野球の語原の巻

競技人口の最も多いと言われる、野球は明治11年(1871)に東京の開成学校(現在の東大)の米国人教師H・ウイルソンが生徒に指導したのが、日本に於ける野球の誕生と言われている。正岡子規は明治十六年に上京し、明治十九年(1886年)に最初、ベースボールの訳語を「弄球」と名づけていた。
その頃盛んに弄球に興じていたことが、子規の随筆「Base-ball」に

「趣向は複雑でも、攻めてと防ぎ手と弾丸をめぐって応酬、擒にし、はさみ夾み撃しなど、これほど愉快にみちた戦争はほかにない」

と、当時の野球に対する様子が、今では考えられないようなユーモラスな解釈で書かれている。
また、明治二十三年に友人にユニホー姿の写真を同封して、次の句を添えた。

色男また時として此戯れあり
恋知らぬ猫のふり也玉あそび 能球拝 

即ち、子規の幼名「升(のぼる)」をもじった俳号の能球が後に、
「のボール」が「野球」となったと言われている。
そのことから、野球の名付け親は、俳人の子規であるという異説がある。他にも子規は現在で使われている直球、飛球、死球、打者、走者などの野球用語の訳語を残している。平成十四年に、野球発展の功績で俳人で唯一、野球殿堂入りしている。

 

コメントを残す