俳句百景 - 夏の句

富澤秀雄句集

夏の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

076 ユニクロのシャツが平積み あじさい園 077 天道虫 一番星をあげようか 078 水中花 ゆらゆら眠い水の午後 079 枇杷の種ころんと 今日の読了点 080 立葵たとえば憲法第九条 081 河童忌のブルー...
富澤秀雄句集

夏の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

050 干し傘はパラボラアンテナ 半月食 051 短夜の列車の窓は回顧展 052 りんごの木揺さぶり 楽園見えますか 053 金魚鉢に水を満たせば海荒れる 054 切り離された後ろの二輌 豆の花 055 再生紙五枚...
富澤秀雄句集

夏の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

026 花いばら 近頃みんなひとりっ子 027 炎昼の握り潰した紙コップ 028 短夜のキウイ鳴かずに転がった 029 シネマの闇出て 向日葵に感光す 030 釣忍 軒端にジュラ紀の風起こる 031 マンボウが半身...
富澤秀雄句集

夏の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

001 髭欲しと時には思う サングラス 002 さくらんぼ テーブルクロス純白に 003 蝉しぐれ 書架より失せし博物誌 004 手花火が消えたら 生い立ち話そうか 005 キャンバスにひとつの記憶 青りんご 00...
タイトルとURLをコピーしました