おすすめ文学本 ≪あさめし・ひるめし・ばんめし≫ の感想

books

あさめし・ひるめし・ばんめし ちくま文庫

近頃は、グルメブームだ。テレビ番組でも、連日のようにタレントを使って様々な料理が紹介される。更には、権威付けのためのミシュランの星がいくつのレストランだとか、日本料理店だとかいって紹介される。と、ありがたがって予約が殺到するという現象はどうなんだろうと素朴に思っていたら、この本に出会った。文筆家32名が、自分の好きな(?)、思い入れの一品をエッセイに書いている。味覚とはそもそも何であろう。個人個人の舌の感覚であり、星の数や値段では推し量れないもののはずだ。

草野心平の場合

友人の松形三郎が出水の干し海老を使って作る雑炊は天下一品であると聞かされ、その干し海老を貰ってから二年余りも自宅の鴨居にぶら下げて、さぞ味も落ちてしまったであろうと、眺めていた。ある日偶然、別の友人から干し海老あさが送られてきて、その雑炊が食べたくなり、作って食べたところ、絶品だったとのこと。思い出と味がマッチしたのであろう。

永井龍男の場合

龍男は、餅好きのようだ。だが、餅にもこだわりがあるようだ。搗き立ての餅は苦手なようで、ちょっと乾燥した餅を焼いて食べるのが、好きだと断言する。豆大福などはやわらかいのが良いと思うのだが、食べ残している少し乾燥した物がいいようだ。更に、その両面をこんがり焼いてあんこがはみ出したものが、他に類の無い美味さだと書いている。また、我々には耳慣れない、耳餅(のし餅の端)すなわちパンの耳のようなものも好きなようだ。まさに、こだわりの味なのであろう。

瀬戸内晴美(寂聴)の場合

寂聴は、頭の血管に異常がある理由で、玄米菜食に切り替えたらしい。人は、せいぜい1年も続けばいいほうだと、言われたそうだ。友人から送られた圧力釜を使い、玄米に小豆、はと麦を加えて炊き上げたものに、黒ごまの塩をかけて食べるそうだ。更に、自宅の裏庭から採れた野菜。自家製の味噌漬けを添えると、実に美味しいそうだ。お陰で5歳ぐらいは若返ったと述懐している。

 

俳句用語集(た行)

た行 ──

題詠

句会などで季語や言葉を題にして俳句を作ること。雑詠や自由詠に対して言う。古くは、蕪村や子規によってしばしば試みられた方法である。

第二芸術論

桑原武夫が俳句は芸術品として未完成であり、他の芸術と区別すべき「第二芸術」であると、総合雑誌『世界』中で主張した。それに反発した山口誓子をはじめ多くの俳人が、論争を繰り広げた。

多行俳句

俳句を二行以上の表記に分けて表現する形式。この形式を本格的に試みたのは、師の富澤赤黄男の一字空けの技法を更に進化させて、多行俳句に取り組んだ高柳重信である。多行俳句の特色は、その視覚的効果はもとよりイメージの不連続性から生じる一行俳句では表わせない弧絶性を表出させようとしたもの。

月並

正岡子規が『俳諧大要』において、「天保以後の句は概ね卑属陳腐にして見るに堪えず、称して月並調といふ」と述べた。それは、文化年間より盛んに行なわれた月並句合にたいしての新しみのない凡庸な句を批判しての言葉であった。

定型

俳句は、五七五(計十七文字)の音律数によって、書かれる基本的な形式。この形式に対して三文節のいずれかを崩して詠まれる形式を破調と言う。

伝統俳句

新興俳句運動が表現の革新や思想性や社会性の表現を目指したことに対して、有季定型を守る立場から言われた言葉。

投句

所定の用紙(短冊など)に俳句を書いて、句会や雑誌等に出すこと。

取合せ

許六が「発句は畢竟取合物とおもひ侍るべし。二ツ取合て、よくとりはやすを上手と云也」と、これが芭蕉の俳句の骨法だと述べている。例えば、「古池や蛙飛び込む水の音」などを採り上げ、一物仕立てに対して、二つのものを配合させて作る方法。(二物衝撃)

 

シルバーフェアに作品を出典

茨木市シルバー人材センターのシルバーフェアが、去る2月22日(土)、23日(日)午前10時~午後4時まで茨木市民会館ドリームホールで、茨木市の後援、茨木市保健医療センター・茨木伝承玩具研究会の協力のもと開催された。
両日共に天候も良く700名を越す来場者が訪れた。

このフェアは、催し物コーナー(手芸品販売・物づくり体験・健康チェック・同好会紹介・センター紹介)展示コーナーでは、手芸品・工芸品・絵画・書・写真などの作品が多数展示された。
私も、俳句作品(画像参照)を出品し、来場者に俳句の素晴しさを下記の説明文加えて訴え、好評を博した。

silver-art

日本人の美意識は、万葉の時代から四季の移ろいを
その特有の感覚で詩歌の世界に詠み込んできました。

乱丁の 白紙のページ 蝶の昼

春(蝶)→壊れゆく美

花菖蒲 風に尾びれが あるような

夏(花菖蒲)→たおやかさの美

晩秋の 象やわらかく 膝を折る

秋(晩秋)→淋しさの中にある美

ハーモニカを 吹いて鯨を 呼び寄せる

冬(鯨)→郷愁の美

おすすめ俳句本 ≪たとへば君≫ の感想

books

『たとへば君―四十年の恋歌』河野裕子・永田和宏著 文藝春秋刊

社会情勢が大きく変化してから夫婦関係が、希薄になりつつある。
その傾向は、3組に1組が離婚するというデータが示している。
さて河野裕子・永田和宏の夫婦関係は、短歌という表現を通じて強力に結びついていることが解る。
第1章の二人の出会い・結婚。
そして妻の河野裕子の乳癌の宣告・再発・闘病生活、終章の絶筆の死までの40年間余の共有した二人の時間を相聞歌という形で、380首収めている。

出会いの頃

たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか 河野裕子
きみに逢う以前のぼくに遭いたくて海へのバスに揺られていたり    永田和宏

発病の時

あの時の壊れたわたしを抱きしめてあなたは泣いた泣くより無くて   河野裕子
「私が死んだらあなたは風呂で溺死する」そうだろうきっと酒に溺れて  永田和宏

最後の時間

この家に君との時間はどのくらゐ残つてゐるか梁よ答へよ       河野裕子
あなたにもわれにも時間は等分に残つてゐると疑はざりき       永田和宏

そして、河野裕子の死後、

わたくしは死んではいけないわたくしが死ぬときあなたがほんたうに死ぬ 永田和宏

「死者は、生者の記憶のなかにしか生きられない。
だからもっとも河野裕子を知っているものとして、長く生きたいと思う。
それが彼女を生かしておく唯一の方法なのだと思う」と、あとがきに書き記している。
相聞歌と言えば、甘くなりがちだが、章ごとに挿入されているエッセイと合わせて読むと二人の人間としての赤裸々な葛藤と通じて、立ち上がってくる人間像は、胸に迫り来るものがある。
ぜひ、読んで欲しい一書だ。

 たとへば君―四十年の恋歌