富澤秀雄句集

富澤秀雄句集

夏の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

026 花いばら 近頃みんなひとりっ子 027 炎昼の握り潰した紙コップ 028 短夜のキウイ鳴かずに転がった 029 シネマの闇出て 向日葵に感光す 030 釣忍 軒端にジュラ紀の風起こる 031 マンボウが半身...
富澤秀雄句集

夏の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

001 髭欲しと時には思う サングラス 002 さくらんぼ テーブルクロス純白に 003 蝉しぐれ 書架より失せし博物誌 004 手花火が消えたら 生い立ち話そうか 005 キャンバスにひとつの記憶 青りんご 00...
富澤秀雄句集

春の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

076 げんげ田に自然死のごと身をあずけ 077 春眠のところどころに 鳥山立つ 078 花種を蒔けば輝く指がある 079 風揺れのぶらんこ 老いはゆっくりと 080 高かれ 遠かれと 絮たんぽぽは僕 081 絶叫...
富澤秀雄句集

春の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

051 語尾長く引っぱる車掌 花疲れ 052 間取り図に窓書き足せば 飛花しきり 053 本籍地移すのよそう 絮たんぽぽ 054 啓蟄のマジシャンが吐く万国旗 055 メールアドレス変えてみたけど 花粉飛ぶ 056...
富澤秀雄句集

春の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

026 飛花落花 ジャズのロックの ブルースの 027 縄文の火を燃えたたす 花の闇 028 モンローのスカートふわり 五月です 029 「春が来た」「春が来たね」と サラダ盛る 030 梅日和 手紙は青空局留で ...
タイトルとURLをコピーしました