富澤秀雄句集

富澤秀雄句集

秋の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

051 がちゃがちゃ鳴くから鋏錆びてくる 052 いわし雲 尾びれ背びれを忘れての 053 柿日和ゆらゆら少女の一輪車 054 原子炉を遠巻きにして 曼珠沙華 055 割れ石榴 救急箱に止血剤 056 風化した遺跡...
富澤秀雄句集

秋の句2・俳句百景(富澤秀雄句集)

026 日時計になれず鶏頭暮れてゆく 027 マルコポーロの海図開けば鰯雲 028 飛蝗とぶ ジャンボ機脚を折りたたむ 029 ピエタのように 日暮のコスモス抱き起こす 030 生地選る妻 月に指先湿らせて 031...
富澤秀雄句集

秋の句1・俳句百景(富澤秀雄句集)

001 黒葡萄ノブの孤独に突きあたる 002 草の花 少年Aという符号 003 柱にも梁にも遊び 萩の風 004 風来たらコスモス言葉で話そうよ 005 夕波に 愁思の礫投げ入れる 006 秋の暮どこか殺意の砂時計...
富澤秀雄句集

夏の句4・俳句百景(富澤秀雄句集)

076 ユニクロのシャツが平積み あじさい園 077 天道虫 一番星をあげようか 078 水中花 ゆらゆら眠い水の午後 079 枇杷の種ころんと 今日の読了点 080 立葵たとえば憲法第九条 081 河童忌のブルー...
富澤秀雄句集

夏の句3・俳句百景(富澤秀雄句集)

050 干し傘はパラボラアンテナ 半月食 051 短夜の列車の窓は回顧展 052 りんごの木揺さぶり 楽園見えますか 053 金魚鉢に水を満たせば海荒れる 054 切り離された後ろの二輌 豆の花 055 再生紙五枚...
タイトルとURLをコピーしました