俳句歴史街道

haiku_rekisi

俳句歴史街道──

現在の俳句と言われるもののルーツは、正岡子規であることは誰しも知っていることである。
しかし、その俳句の基は俳諧更に連歌へとその起源は遡らねばならない。
では、俳諧はいつ頃から始まったのかは、厳密には定かでない。その元祖を山崎宋鑑、荒木田守武とする桃山後期とする説と、明暦2年(1656)に貞室が編集した「玉海集」に

ある人の所望にて畳字の俳諧独吟に百韻せし時
花匂ふ梅は無双の梢かな  宗祗

と、あるのを論拠に、桃山中期以前とする説がある。
ともあれ、俳諧は和歌を母体として、発達した連歌から分生したものだった。もともと滑稽な和歌を「俳諧歌」といい、機知や滑稽を旨とするものを「俳諧連歌」と称していた。やがて「俳諧連歌」と言われるものが、俳諧として独立して行くことになる。
当然のことながら、俳諧は連歌の形式を踏まえて、連句という形式、即ち発句、付け合い句によって作られた。作者も、当初は連歌師が息抜きのために、余技として好んで作っていたことは、二条良基が纏めた連歌集「筑波集」に俳諧の部があることでもわかる。その俳諧がやがて庶民に受け入れられ、急速に発展した行くのである。

さて、その火付け役と言われているのが、松永貞徳である。貞徳は、九条稙通や細川幽齊から和歌を学び、里村紹巴から連歌を学んだ。故に貞徳は、その式目『俳諧御傘』」において、「仰、はじめは俳諧と連歌のわいだめなし。其中よりやさしき詞のみをつゞけて連歌といひ、俗言を嫌はず作する句を俳諧といふなり」と規定した。作風は、漢語、縁語、掛詞、故事に依拠するものを、詠み込んだもので、貞門風と呼ばれた。
たとえば、

萎るるは何かあんずの花の色  貞徳

などは、「杏子」と人を「案ず」を掛けて、作られている。
また貞徳は弟子を育てることに長けていて、安原貞室、北村季吟、山本西武、高瀬梅盛、野々口立圃、松江維舟などを育てた。やがて、貞門の形式主義に飽き足らずに、寛文年間末頃より、西山宗因を中心にした談林派が台頭してくる。談林派は、西鶴、惟中、高政、松意らを中心に、大坂、京、江戸を拠点として活躍する。
その作風は、貞門より更に、謡曲の文句を截ち入れたり、猥雑となり、「阿蘭陀流」とも称されるように、フラスコ、カステラ、カルタなどの洋語を取り入れたりもした。また「矢数俳諧」と言われる速吟も盛んに行われた。これらの新しく刺激的な俳諧もやがて、粗製濫造の極みを否定しがたく、延宝末年頃より、見直そうという機運が徐々に起きて来る。その批判的立場に立っていた一人に、松尾芭蕉がいた。

芭蕉は、当初は先に紹介した、貞門の北村季吟に俳諧を学んでいて、其の頃の俳号は宗房と称し、後に、江戸に出て桃青と俳号を変えて談林派と座を共にする。天和3年(1683)の『虚栗』の漢詩文調で、蕉風俳諧の道を拓く。其角、嵐雪、許六、去来、支考、丈草、杉風、北枝、野坡、越人などの優秀な弟子を輩出するなど、その作風は「さび」「かるみ」の句境に至り、蕉風の完成をさせ、また「不易流行」という文学観を唱えて、俳諧を真の詩的世界にまで、至らしめたのは言うまでもない。

芭蕉の死後、俳壇は江戸の焦門と地方の焦門とに分化する傾向が顕著になり、衰退の傾向が強まる。その後、芭蕉の五十回忌を契機にして、芭蕉を追悼する機運が高まり、蕪村などを中心に蕉風復古運動が各地で高まっていった。
それらの中興俳壇を担った俳人は、寛政年間にほとんど姿を消し、文化年間になると、夏目成美、酒井抱一、建部巣兆、鈴木道彦、大伴大江丸、井上士朗、亙理乙ニなどが活躍する時代へと移行してゆく。この時代は、幕府の管理体制により、革新への自由が束縛され、俳諧も平明でわかり易いが、精神の高さのない逃避的なものとなっていった。その時代で、唯一異彩を放ったのは、小林一茶である。時代は幕末の天保期に移り、更にその傾向が強まり、後に子規に「月並み調」と揶揄されるに至った。

年号が明治となり、世の中は大きく変革したのに関わらず、俳諧は依然として幕末の傾向を引き継いだ状態であった。老鼠堂永機、春秋庵幹雄、小築春湖、夜雪庵金羅などが、「月並み俳句」を継承するような状態だった。新時代の相応しい俳諧を目指して革新への機運は、明治20年(1887)尾崎紅葉を中心とした「紫吟社」の眉山、鏡花、秋聲らと伊藤松宇の「椎の友社」の猿男、桃雨、桂山などによって、見られるようになった。

本当の意味の俳句の革新は、正岡子規が明治24年(1891)より古今の句を用語、主題、技法などに俳句の分類に取り組み、6月から新聞日本に「獺祭書屋俳話」を掲載した。、明治25年に新聞日本に入社して、ますます俳句革新に取り組み、当時の俳諧の宗匠たちが、依然として天保の俗調を守り続けるのを、「月並み派」と呼び、発句を俳句と改めたのも、この頃であった。

実景を写すこと、即ち写生を俳句に取り入れることになったのは、明治27年に洋画家の中村不折に出会って、洋画の技法である写生を教えられた時であった。その写生の技法が子規の仲間たちを中心に、推し進められた。

子規が没後、門人の碧梧桐は自由律俳句を目指して一時的なブームを呼ぶが、少し行き過ぎであるということで見直され、高浜虚子が子規の精神を受け継ぎ、「ほととぎす」の建て直しを図る。 そうした流れが、現在でもそれぞれの結社という支流となって俳句界を形成している。

 

俳句の作り方(上級編)

lesson_pic3

切れ ──

俳句には、定型(五七五)と季語の挿入の二つの約束事があると言いましたが、更に俳句はその短い17文字で、詩情を出すための方法が工夫がなされています。

それが、俗に言われる「切れ」「切字」です。

解説書に必ず書かれている「切字」の代表が「や」「かな」「けり」ですが、これらの切字だけではなく芭蕉は「きれ字に用いる時、四十八字皆切れ字也」と述べている通り、作者の意図で如何なる文字でも切れを作ることが、可能なのだということです。
では、
「俳句の切れは何故必要なのか」
と、疑問を持たれると思いますが、俳句は他の文学と異なり、その音律の短さ故に、その時間的な持続性を中断したり、風景を転換したりする方法として、切れ字を用いています。
芭蕉の有名な句に
「古池や蛙とび込む水の音」
がありますが、ここで切字の「や」を無くして、「に」に置き換えて
「古池に蛙とび込む水の音」
としたら、どうでしょう?
古池というものと、続く12音が響きあわなくなり、極めて弱い散文的な俳句となります。「古池や」と切って、古池から転換して、蛙のとび込む音の静寂感や宇宙観にまで、俳句を押し広げて行くのです。

推敲 ──

さて、俳句をある程度作れるようになると、大切な事に句を「推敲」するということが、大切になります。
作った句が、その状況を的確に表しているか?
自己満足に陥っていないか?
その言い回しがもっとも適切か?
など見直すことです。
言い換えれば、第三者の目になって、句のよしあしを見ることです。その言い回しや一字の違いにより、俳句は変貌するものです。芭蕉は推敲することを、実践して説いています。
たとえば自句の「吹とばす石はあさまの野分かな」に至るまで、「吹落す石はあさまの野分かな」「吹颪すあさまは石の野分かな」「秋風や石吹きおろすあさま山」など、推敲を二転三転させています。
近代の句では、飯田蛇笏の「をりとりてはらりとおもきすすきかな」なども、初出は「折りとりてはらりとおもき芒かな」でしたが、推敲を重ねて、全体をかな表記にすることで、芒のやわらかさや豊かさが一層強調された、好例として有名です。

投句 ──

俳句を作ってそのままにしておくだけでは、単なる自己満足になります。俳句の楽しみのひとつに、他人の評価を聞くことがあります。俳句が座の文学と呼ばれるのは、ここにあります。俳句を評価を受けたり、評論し合う場は、いろいろあります。

 

俳句の作り方(中級編)

lesson_pic2

俳句の歴史 ──

俳句を学ぶ際に、その成り立ちを知っておく事が、必要でしょう。
俳句の成立は、「古今和歌集」(905年平安時代)まで遡って、考えねばならない。
ここで五七五・七七で詠むリズムが定型となってゆく。
更にその流れは、五七五形式と七七形式に拠る連歌と言う形式を生み、盛んに使われるようになった。
だが依然として、「古今集」から引き継がれた王朝の美意識による優美、幽玄の世界を読み込んだものだったが、これに飽き足らず、機知や笑いを楽しむ俳諧の基となる流れが、生み出される。
その後、俳諧の形式は芭蕉などにより確立された。
江戸後期には、俳諧の発句(五七五)だけが作られるようになった。
明治になり、正岡子規は「発句は文学なり、連俳は文学に非ず」と言って、発句の独立を宣言して、近代の俳句の成立を促したのです。

※俳句の歴史についてもっと知りたい方は ↓
特別Web付録:俳句歴史街道 をチェック♪

定型と季語 ──

入門編で、俳句は17文字の短詩で、五、七、五のリズムで作ると言いましたが、これを俳句の定型と言い、決まりのひとつです。
もうひとつの決まりは、その17文字の中に季語(季節の言葉)を詠み込むことです。
「季語」なんて、大袈裟な言葉を用いていますが、その季節、季節の景物すべてを表す言葉と考えれば良いのです。
たとえば、春の花と言えば「桜」や「たんぽぽ」、春の魚と言えば「鰆」「白魚」。春の野菜と言えば、「ほうれん草「水菜」など、その季節の旬なものは、すべて季語と考えれば良いのです。

「川柳と俳句の違いは?」

と、よく問われることが有りますが、この季語の有る無しも違いの重要な区別のひとつです。
江戸時代の俳人の素堂の句に「目には青葉山郭公初松魚」というのがありますが、これなどは「青葉」「郭公(ほととぎす)」「初松魚(はつがつお)」と、夏の季語を三つも重ねて、初夏の喜びを表しています。
ただし、この句などは特殊で俳句では、季語は一句中に幾つも使っても良いのではなく、一句にひとつとされ、それ以上使うと季重なりといい、歓迎されません。

歳時記 ──

定型、季語を入れるの約束事さえ守れば、自由に作ればいいのです。
どういう風にと、疑問と思われる人は、人の作った俳句を詠むことから、始めればよいのです。
そんな人のために、俳句の参考書のような「歳時記」というものがあります。歳時記には、季語の説明とその季語を使った例句が、書かれています。
「春風」を引いてみると、「春風や女も越る箱根山」(一茶)「春風にこぼれて赤し歯磨粉」(正岡子規)などが、載っていますので、これらの良い句を、読んで沢山作るのが、上達の早道になるでしょう。

 

俳句の作り方(初級編)

lesson_pic1

短い日記始めませんか ──

年の始めに今年こそ、日記をつけてみようと意気込んで書き始めて経験は、誰でもあると思います。しかし、大概は1ヶ月もすれば、何だか毎日同じような事を書いているようで、少し飽きてきます。
そして2ヶ月目あたりからは、書かない日が二日、三日あり、とびとびの日記になって、淋しいに気分に襲われる。3ヶ月目には、止めてしまって挫折感を味わったことはありませんか?
こう言っている私自身、自慢じゃないが、一年間欠かさず日記を書いたことが無い。

これは何故でしょう?

やはり、日記を書くということは、誰に見せるわけでもないのに、「文章を書こう」とまるで作家でもなっている。
それが、いつの間にか意識過剰になり、それなりのセンテンスの長さや洒落た言葉を入れなければと、思い込んでしまい、ついつい億劫になるものです。

それならば、どうすれば?

日記の代わりに俳句をつけたらどうでしょう?俳句は、たった17文字なのです。もっとも短い日記、これなら続けられると思いませんか?

そもそも俳句ってナニ? ──

「俳句って、老人のするもの。」「俳句って、なんだか規則があって難しそう。」と、思っていませんか?
俳句は、17文字で構成されている短詩なのです。
街で見かける「手をあげて 横断歩道 渡ろうよ」の交通標語も、五、七、五のリズム。つい口ずさんでいる歌も、そのリズム。日本人にとって、五、七、五のリズムは、とても心地よい良く、身についているのです。
ともかく、身の回りにあることを、強引に五、七、五にしてしまえば、良いのです。たとえば、家の近くでモンシロチョウを見かけて、とてもウキウキした気分になったとしましょう。そうすれば、
「嬉しさを振り撒いてゆくモンシロチョウ」
とか、
「紋白蝶ついて行きたいどこまでも」
など、
思いつくまま、素直に詠めば俳句の完成です。

どうやったら思いつくの? ──

「俳句を俳句らしく作ろう」と、意識すれば日記を書く時と同様に、自縛に陥って続かなくなります。
私が、一番最初に作った俳句は「うららかに三角定規に角がある」です。
この句が生まれた背景は、建築の設計の仕事をしているもので、三角定規は手元にいつもある道具。窓から差し込む柔らかい春の日差しに、三角定規をもてあそんでいる時、日頃意識もしなかった、その定規の角の重要さに、ふっと気づいたのです。
このようにまず、自分の身の回りの物や通勤途中で見かけた事柄や新聞や本を読んで、感じたことを俳句にしてみましょう。

 

未来句宣言について

現代俳句・未来句宣言にお越し頂きありがとうございます。
当サイトは現代俳句を中心に作品発表や評論のほか、俳句の基礎知識・雑学など役立つ情報を発信しています。また「デザイン」と「Web」を取り入れた新しい未来の現代俳句サイトを目指しています。

どうぞ宜しくお願いします。